HOME > 基礎化粧 > 日焼け止めはほどほどに!

日焼け止めはほどほどに!

「日焼けはしみやシワの原因になるし、しっかりとケアしないと・・・・」と思って、しっかりケアしている方もいるかと思います。
しかし!実は、日焼け止めは肌に負担になっていたのです!

★SPFとPAに注目!!

よく日焼け止めに書いてあるSPF、PAという値を目にしたことはないですか?
この値、高ければ高いほどいいというわけではないんです。

まず、SPFとは、紫外線B波をカットする力を表しています。SPFの値が高いものほど日焼け止め効果が高いと言えます。
500円玉大くらいの量を手に取ってしっかり塗らないと十分な効果が得られません!
実際、平均的な女性は4分の1位しか塗っておらず、これでは十分な効果が得られません。しっかり塗って紫外線をブロックしましょう。


PAというのは、紫外線A波の防止効果を表すものです。強い方から「+++」「++」「+」の3段階で表されています。


*★*―――――*★*―――――*★*

Warning: file(http://makeupweb.net/show/sorce/1/pc) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/2/lovepop.jp-golfbar/web/makeupweb.net/make/basic/basemake/hiyakedome/index.html on line 139

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/2/lovepop.jp-golfbar/web/makeupweb.net/make/basic/basemake/hiyakedome/index.html on line 140

*★*―――――*★*―――――*★*
紫外線ブロック効果の強いものは肌への負担も強い

紫外線を防ぐために効果の高い日焼け止めを使おうと考えている方もいると思います。
しかし、紫外線ブロック効果の高いものは、それだけ肌への負担も高いのです。

毎日肌への負担の高いモノを使っていると、肌がかぶれてメイクもできなくなってしまったり、何らかの肌トラブルを起こすことがありますので、「強ければいい」わけではないのです。


★おススメはSPF20、PA++の日焼け止め

一日中紫外線に当たっている場合でなければ、SPF20、PA++位の強さの日焼け止めで十分です。
肌への負担も考えるとこのくらいがちょうどいいのです。また、ノンケミカルと書いてあると更に肌に優しいです。


しかし、肌に一番いいのはファンデーションなどのパウダー類で防ぐことです。ファンデーションには紫外線を跳ね返す効果があるので、日焼け止めを塗らなくても、ファンデーションで日焼け止め効果を得ることが出来ます。

紫外線を避けた方がいいこことは事実ですが、肌への負担も考えて日焼け止めを選びましょう!







合わせてCHECK!!

[ドクターシーラボ] 薬用アクアコラーゲンゲル美白
人気のコラーゲンゲルに美白が仲間入り!美白ケアもこれ一つで完了♪
[基礎化粧品] リエンジェNEWウォーターフェイスマスク
低刺激だから肌に優しい!ひたひた美容液がポイント★

コメントする
結婚までの流れ