HOME > 基礎化粧 > プレストパウダーの正しい使い方

プレストパウダーの正しい使い方

プレストとは、「固めた」という意味で、プレストパウダーは粉が固形になったもののことです。イメージとしてはパウダーファンデーションと似ています。(一般に使われているファンデーションです。)

肌の保護のために、下地を塗った後にプレストパウダーを使用し、その上にパウダーファンデーションを塗ります。

また、メイクのきれいな仕上げとしてファンデーションの後に塗ったりもします。
欠点としてあげられるのは、プレストパウダーは扱いやすいけどムラができやすいという点です。

≪正しい使い方≫
つけ方は、パフの場合は、軽く取りパフを揉みこんで軽くうっすらと顔の上にのせるとメイクが長持ちします。
パフを使うとナチュラルな仕上がりになります。

ふんわりとしたキメ細やかな透明感肌に仕上げたい場合はブラシを使用するといいでしょう。

また、化粧直しの際に、ティッシュで肌を押さえて、プレストパウダーを使うという方法もあります。あぶらとり紙を使って化粧直しをする方法もありますが、人によっては(特に乾燥肌の人は)あぶらとり紙を使うと、本来肌に必要な油分を取りすぎてしまう場合があるため、なるべく避けた方が良いかもしれません。








コメントする
結婚までの流れ