HOME > ハンドケア > 手荒れのマル秘保湿ケア方法

手荒れのマル秘保湿ケア方法

寒くなって乾燥する季節になってくると、手もカサカサしてしまいますし、その上ささくれやひび割れが起こってしまい、血が出て痛くなってしまうことってありますよね。

そうならないためにも、正しいケア方法でハンドケアをしましょう!

★一度荒れると治りにくい

どうしても手は生活に必要不可欠。手が荒れてしまったからと言って手を使わずに生活できるわけではありませんよね。
一度荒れてしまうと、角質バリア機能が壊れてしまい、ちょっと水で手を洗っただけ、ちょっと乾燥しただけでもどんどん荒れていく悪循環に陥ってしまうのです。
そうならないためにも、気付いたらしっかり保湿しましょう!


★刺激を少なく。

指の皮膚が厚く、硬くなって、指紋がなくなってしまったり。
そしてしまいにはひび割れして出血...。そうならないためにも、水仕事をする時にはゴム手袋をして刺激を与えないようにしましょう。
また、野菜の泥やアクでも既に荒れている手にとっては刺激になってしまいます。

理想はポリエチレンの手袋をはめて作業することです!


★クリームで保湿

手には皮脂線がないため、手が乾燥したからと言って自分で皮脂を出して保湿できるわけではありません。コマ目にハンドクリームを付けて保湿して下さい!


★オススメはシア脂

シアバターなどでお馴染みになったシア。
とっても保湿力に優れているということで知られています。このシア脂が配合されているかどうかはチェックポイントです!


コマ目に保湿して手荒れを改善していきましょう。







合わせてCHECK!!

[ボディ・オーラル] 生活の木・シアバター
天然成分でできているからお肌に優しい♪

コメントする
結婚までの流れ