HOME > メイクアップ > ナチュラル眉のポイントは?ナチュ眉の形、太さ、濃さ

ナチュラル眉のポイントは?ナチュ眉の形、太さ、濃さ

最近、トレンドになっているのは、篠原涼子さんや長谷川潤さんのような、ふんわりナチュラルで力の抜けた眉。一昔流行っていた細眉の人は見かけなくなりましたよね。

とはいえ、いくらナチュラル眉でも、毛がまばらで隙間があったり、目尻が途切れていたりするのはいただけません。

全体の眉フォルムはパウダーでふんわり整え、眉尻は落ちにくいジェルブロウで描き足ししてみましょう。さらに眉マスカラで眉をコートすれば、落ちにくいナチュ眉が完成しますよ。

ナチュラル眉の基本を押さえておきましょう。

【 形 】

フラット&短め仕上げのナチュ眉が今どき風

カーブがきつかったり、眉尻が長すぎたりする眉は古い印象でふけて見えがち。もともと強いカーブの場合は、眉山付近の下部をパウダーで描き足し、フラットになるよう整えて。

また眉山は黒目の外側に、目尻は小鼻横と目尻を結んだ延長線より内側で止め、キュっと引き締まった印象に。

【 太さ 】

全体的に太めに整えて、若々しい印象の顔立ちに

眉の太さも、平坦な感じに仕上げるのが今風。眉頭から眉山くらいまではほぼ同じの2:2の太さで移行。眉山から目尻にかけても急に細くはさせず、眉頭、眉山に対して1の太さにし、先端だけスッと細く消え入るように仕上げることで、フレッシュ&女子らしい仕上がりに。

【 濃さ 】

トリミングは必要最低限&眉頭はふんわりやわらかく

今風ナチュ眉の質感は、ふんわり軽やかで毛流れ重視。

よって、最初にトリミングできっちり形を作らず、明るめパウダーで全体のフォルムを大まかに描いてから、形をはみだす毛だけを処理。

また、眉頭が濃いと重くなるので、残り物でぼかす程度に。眉が離れ気味な場合は下半分だけぼかし描きを。

【 色 】

髪の毛と眉の色のバランス調整は鉄則。

黒い髪の毛の人:濃いブラウン(ダークブラウン)、またはグレーのアイブロウを使ってみて。
茶色い髪の毛の人:髪の毛の色よりも少し明るめの色のアイブロウを使ってみて。

そうすれば眉の色がが浮くことなく自然な顔立ちになりますよ。
ナチュラルだけど、しっかり整えられた、ナチュ眉を目指しましょう!








コメントする
結婚までの流れ