HOME > シーン別メイク > 書類審査で好感を持たせる証明写真メイク!!

書類審査で好感を持たせる証明写真メイク!!

就職活動で、内定をGETするまでの最初の関門。それは書類審査
もちろん合格の当落を決めるのは願書の内容ですが、もし自分のスペックと同じくらいの人と比べられたら、願書の写真はあなたの書類審査の合格を決める重要な要素になりうるかもしれません。

そのためにも、今日は願書の写真を味方に付ける、証明写真を良く撮るためのメイクを紹介!

ポイントは、ブラウンカラーを上手に使用すること。
落ち着いたブラン系の色を使って、顔全体を立体的に見せながら、顔の部分部分を全部目立たせます
ただ、気を付けたいのは、パールが入った化粧品など、顔をテカらせるメイクは控えることです。 カメラのライトに反射され、顔が大きく見えたり、顔のコンプレックスがさらに目立つ可能性があります。

?ベースメイク

まず、メイクアップベースとファウンデーションで顔の全体的なトーンを整えて、コンシーラーでニキビや黒ずみ等はしっかりカーバーするのが重要
また、目の下が暗いと印象も悪くなるので、目のクマは黄色い系のアイコンシーラーで薄くカーバーし、ハイライトや明るめのパウダーで閉めると元気な顔になります。
ブラシでほっぺたにはピンクや黄色のチークを自然と付けると元気で明るいイメージを、肌の色より一トーン下げたチークをあごの外側に付けると、小顔を演出することもできます。ただし、濃くならないように気をつけてください。

?アイメイク・リップ

アイラインメイクは、相手に堂々とした信頼感を与えるのに一番重要です。
そのためには、ベージュやブラウン系の肌の色と近いアイシャドーを使って少しポイントを付けることをお勧めします。
アイラインはリキッドタイプとペンシルタイプを使い分けながら演出しましょう。マスカラーもまつ毛の根から自然と付けるといいです。

リップは、リップライナーで唇の輪郭をはっきりとさせ、適当な赤みが入ったピンク系の色を選んで付けましょう
リップを付けた後はティッシュで色を少し取り、リップグロスで潤いを与えてもいいです。
ただし、リップグロスは面接当日には控えてくださいね。

おまけ!撮影の角度と姿勢★
写真やさんに行くと、だいたいカメラマンさんがいろいろ指示を出すと思いますが、あくまでもご参考に!

証明写真を撮る時は、体は45度にして、顔を正面を向けるのが一番良い写真が出るそうです。
また、小顔に見せるためにあごを少し引きましょう。
肩が広い、上半身に自信が無くても、撮影の時は肩を自然と広げて、背筋も伸ばしましょう。
姿勢が悪いと、意欲が無さそうに見えるのはもちろん、顔も大きく見えがちです。ですから、堂々で余裕のあるイメージを作るためにも正しい姿勢が重要です。

自分の魅力を全部盛り込んだ写真を張った願書で、就職の第1関門をうまく乗り越えてくださいね?







結婚までの流れ